スマホケース

売れ筋のスマホケースをチェック

誰もが持つようになったスマートフォン、スマートフォンが普及し始めた初期の頃は画面には保護シートを、スマホ本体にはプラスティックやゴムの素材で保護のためにカバー、ケースを利用しました。スマートフォンが当たり前となった今、様々なスマホケースが普及しており、デザイン、用途、様々なものがあります。今人気なのが防水ケースです。普段使いのケースとは別に持つ人が多く、海やプール、スキースノボやキャンプなど色々なアウトドアな場所で大活躍し、日常ではお風呂で使えます。この防水ケースはフローティング(浮く)タイプで水の中に落としても沈まず、海やプールでも水没を気にせず楽しめます。スマートフォンと一緒に500円玉を6枚入れても沈まない浮力です。防塵防水なので砂浜などでも安心です。カバーは様々な機種に対応しており、カメラも使えるので濡れた手での操作や水中カメラ撮影も可能で、レジャーの幅が広がり人気です。

今売れ筋で人気のスマホケースは

今人気なものは強化ガラスでできているクリアケースです。透明なガラスの美しさでありながら、耐衝撃性を兼ね備えたものです。米軍機規格基準の耐衝撃性でTPU(熱可塑性ポリウレタンというプラスチックの素材の一種)と透明な強化ガラス、2つの素材でしっかり守り、接着剤や両面テープを使用しない一体型の製法で耐久性に優れ、長く愛用することが出来ます。また、軽量設計、表面硬度9Hで背面に傷がつきにくく、強化ガラス部は黄ばみにくく美しさ持続、背面が綺麗な状態なのでシールや写真など好きなものを入れてカスタマイズもできます。飛散防止加工がしてあるので万が一の破損も安心できて、わずかに浮いた背面ガラスの構造でにじみを防止します。スマホのデザインはスマホケースに入れると隠れてしまいますが、本体の美しさを引き立たせます。

今話題のスマホケースやアクセサリーを紹介します

スマホケースのアクセサリーに、指に通して持つことで落下防止、また、リングを立てればスタンドにもなるスマホリングがあり、車でもカーホルダーとしてマグネット式で車載ホルダーとしても使用可能です。また、ネックレス式のウエアラブルカメラ用マウント部品があります。スマホを装着して首に下げるだけで簡単に使用でき、角度調整可で自由自在に動画撮影できます。自転車バイク登山や釣り料理など作業の撮影が出来ます。また、クリップ式のスマホ対応ルーペがあります。これは顕微鏡、ミニ拡大鏡です。LEDライト付きで60倍拡大する対象物を直近で照らすことが出来、顕微鏡のような拡大率の効果の高倍率ルーペとしても使えます。紙幣を鑑定できる赤外線ライトも付き、宝石や骨董鑑定に時計や鉱物検査に、ぴったりです。ミニクリップ式なので装着が簡単で持ち運びにも便利です。便利なスマホがもっと便利になるアクセサリーの今後が楽しみです。