信用していいソーシャルレンディングのポイント
2016.10.26

subimg04ソーシャルレンディングへの投資を行う場合に、商品が信用できるかに悩む方は意外と多かったりします。新しい金融商品ですから、ネットを使った貸付型クラウドファンディングに対する不信感を覚えるのも理解はできます。ポイントは投資した元本が保証されるかどうかになるはずです。クラウドファンディングの場合は元本保証型ではあいませんし、企業への貸付を行う形での投資になりますから、確かに貸付先が倒産して回収できなくなるリスクはあるのは事実です。銀行の貸し渋りを背景に企業の資金調達が難しくなっては来ています。クラウドファンディングに興味を持つ一般投資家の方も、その辺りを理解して興味を持っていますが、投資した金額を回収できるかが懸念材料となり、躊躇してしまうことも珍しくはありません。クラウドファンディングを運営する事業者もその辺りのポイントは理解していて投資家の保護を行う方法を考慮していますから安心して一般投資家の方も投資が可能になっています。

ソーシャルレンディングで資金調達を受ける企業の経営者には担保の提供や連帯保証人の提供などを求めるように運営事業者のほうは実施しています。投資家の元本割れを防ぐための手段として、銀行融資と同様に担保や連帯保証人の提供を求めてから貸付を行うように実施しています。もう一つのポイントは、短期融資ということです。基本的に3ヶ月という短期間での資産運用ですから、貸倒によるリスクは、ほとんど無いのが実情です。信用できるクラウドファンディング事業者を選べば、基本的に元本割れに至ることはほとんど無いことでしょう。

資金調達の新しい方法として急速に普及してきたソーシャルレンディングですが、クラウドファンディングという新しい方法への懸念を持っている方が、まだまだ多いのも事実です。立ち上げ間もないベンチャー企業や資金繰りに窮している中小企業の場合には、銀行よりも審査が通過しやすく短期で融資を受けることの可能な資金調達手法として利用され始めていますし、金利の長期低迷により高利回りの金融商品を求めている一般投資家の方にも、リスクの少ないハイリターン商品として認知され始めています。短期間での運用が可能で、少額からの投資が可能な新しい商品として今後も利用者は増大していくことが期待できるでしょう。仕組み的には株式市場からの資金調達に似てはいますが、上場審査のようなものも無く、誰でも安心して利用でき、短期間での資金繰りが行える点を考えれば、今後も利用者が伸びていくのは間違い無いでしょう。

▲ ページトップへ