ソーシャルレンディングに対する一般的な評判
2016.10.26

subimg03ソーシャルレンディングは一般的に評判が高くなっています。資金繰りに窮している中小企業や立ち上げたばかりのベンチャーの場合には、銀行等の金融機関もなかなか相手にはしてくれないのが実情です。貸し渋りも横行し、零細企業は資金調達が一層困難になってきています。ネットを使った貸付型クラウドファンディングを用いることで、資金調達は円滑に出来るように変わってきました。資金の必要な中小企業と、高利回りの投資を期待する一般投資家をネットで結びつけ、円滑な資金の循環を実現してくれる仕組みは今までにはありませんでした。景気後退に伴う銀行の貸し渋りと、長期金利の低迷により、これからも利用者は増加していくことでしょう。

ソーシャルレンディングのような概念は、一般的には株式市場のイメージに捉えられると考えます。ただ、株式市場からの資金調達に比べ、資金を借入るのは、さほど難しいものでも無く、零細企業でもネットを通じ、自由に資金の調達が迅速にできると評判になっています。これから、ベンチャーを立ち上げる場合や、銀行からの借入がショートしてきた中小企業の経営者の方は利用してみるのをおすすめします。ビジネスチャンスを資金不足で逸するのは経営者にとっては辛いものがあるはずです。勝機を逃さず、事業の拡大を実践していくためにも、必要な時に早く資金の調達が可能な貸付型クラウドファンディングを用いることこそ大切です。

ソーシャルレンディングは、貸付型クラウドファンディングという性質上、倒産のリスクによる貸倒があるのは否めません。もちろん、リスクがあるのはファンドを展開している運営事業者も熟知していて、銀行の貸付と同様に、担保の提供を求めたり、連帯保証人の設定を求めてから、融資の実行をするようにはなっています。それでも、銀行に比べれば、融資の審査基準は甘く、零細企業でも融資を受けやすいため、銀行の貸し渋りが横行している現状では利用する経営者の方は増えています。高利回りの金融商品を探す一般投資家の方も、平均7%台という高利回りが、長期金利が低迷して上昇する気配の無い景気を背景に魅力に思え、投資を考える方は増加中です。倒産による貸倒のリスクは考慮されていて、短期間の運用であるため、元本割れに陥るリスクは極めて少ないのも特徴の金融商品です。なにか効率の良い投資を考えている方には最適な金融商品として、これからも認知されていくことでしょう。

▲ ページトップへ