ソーシャルレンディング高い利回りとその理由
2016.10.26

subimg02ソーシャルレンディングは高い利回りで人気になっています。利回りが高いのには理由があります。資金調達を求める企業に貸付を行ない金利を得る形のファンドですので、ハイリターンを得ることが可能になっています。銀行の貸し渋りが横行していて、金融機関からの資金調達が難しくなっている中小企業や、立ち上げ当初のベンチャー企業に対しては、銀行に比べれば、資金調達の敷居も低く、急な資金繰りにも迅速に対応してくれる金融機関として人気になっています。一般の投資家の方も、長期金利が低迷し、定期預金で預け入れても、わずかな金利しか手に入らない現状では、非常に魅力的な金融商品になっています。資金を欲する企業側と、効率的な投資を求める一般の投資家の双方にメリットのある貸付型のクラウドファンディングは、これからの資金調達の方法として確実に認知をされ始めています。

ソーシャルレンディングでの資金調達を求める企業は着実に増加をたどっています。景気後退による資金調達の困難化が進んではいるものの、企業経営における資金運用は待ってはくれないのも実情です。ビジネスチャンスを逸することを無くすためには、目の前にある商機を逃がさないように、迅速な資金調達をすることこそ重要になってきます。クラウドファンディングなら、ネットを使って一般投資家からの公募を行い、資金の必要な時に、すぐに営業に関する資金の調達をすることが可能になります。一般投資家の方にもクラウドファンディングは認知されてきて、低リスクて高利回りの金融商品として人気になっています。これからもクラウドファンディングの市場は確実に伸びていくことでしょう。

ソーシャルレンディングを始める場合に、貸付を行うファンドという性質上、貸付先の企業が倒産しての貸倒のリスクを懸念する投資家もいるのも事実です。クラウドファンディングを運営する事業者も、その辺りのことは熟知をしていて、貸付を行う際に、企業側に担保の提供や連帯保証人の設定を求めるようになっています。貸倒のリスクを防ぐためのリスクヘッジを明確にし、ファンド化しているクラウドファンディングは、担保等だけでは無く、短期間での貸付も行うようにしていますので、投資家の方が元本割れに陥るリスクはほとんど無いでしょう。3ヶ月単位の短期運用ですので、貸倒による元本消失の危険はほとんど無く、短期間での効率的な運用が可能になっていきます。資金調達が必要な零細企業と、効率的な利回りを求める投資家を結びつけるクラウドファンディングが、銀行の貸し渋りと金利の低迷を背景に成長することでしょう。

▲ ページトップへ