リスクがっても利回り高いソーシャルレンディングがやはり人気
2017.04.19

ソーシャルレンディングの活用法とは

不特定多数の個人もしくは法人から集めた資金を融資希望者に回し、投資家は融資希望者からの返済金を匿名組合分配益として受けとるという形での仲介役を務めるには、匿名組合契約を交わした上で第2種金融商品取引業登録が必要になります。それゆえソーシャルレンディングの税区分は貸金業法上では雑所得となり、20万円を超えると確定申告をしなければなりません。

実質的には消費者金融からの借金および分配金という事になります。貸付ファンドレイジングタイプのソーシャルレンディングは融資希望者のランク付けによる金利確約とはいえ、高金利が期待できるものも多く、小さな融資で大きく儲けたい人にはおすすめの金融サービスです。元本保証も利回り保証もありませんから借り手の状況によって利回りが元本金利よりも低くなるリスクも伴います。

運営会社への丸投げというわけにはいきませんが、それでも儲けたいという人は、分散投資および小口投資で数多くの案件を拾う事も1つの方法です。仮にどれか1つが貸し倒れになったとしても他でカバーできますから、傷が小さくてすみます。まだ知られていない新しいサービスなだけにライバルが少なく、予想以上の高金利で分配金を受け取れる可能性もあります。
まだ普及が進んでいない現時点では総合課税であり、他との損益通算もできませんからむしろリスクを念頭におきつつ、あくまでもゆとり資産がある事を前提にした上で他金融サービスも利用してみるという選択肢もあります。ソーシャルレンディング専用口座は通常1人1つですから、別々の銀行に1つずつ口座を開かなければなりませんが、経済不安の余韻が残る昨今だからこそ、様々な対処を試みてみるのも悪くありません。ソーシャルレンディングは他に類をみないほど初心者でも手軽に取り組めるサービスなのです。

ソーシャルレンディングにはこんなのもあり

ソーシャルレンディングに慣れてきたところで、多種多様な案件に投資して少しだけ大きく儲けてみるのも悪くありません。ファンド型の次に我が国で多いマーケット型ソーシャルレンディングの運営事業所もありますが、これは借り手に投資する際の金利を自分で決める事ができますから、状況に応じて金利を変える事ができるのはやはり安心です。
もちろんどのような形でも担保がついているものの方が安心なのですが、ファンド型のように最後まで固定金利で取引するよりも投資家目線での取引ができる点は魅力です。同じファンド型でも海外に特化したものや延滞しているローンに対しての貸付をするといった、画期的なソーシャルレンディングを展開している運営会社があるかと思えば、最小ぎりぎりの投資で高金利での配分を受けられる運営会社もあって、純粋にソーシャルレンディングを楽しみたい人におすすめの事業所も様々あるのです。

元々少額投資および高額金利での投資が魅力とされてきたほどですから、ソーシャルレンディングで大きく儲けたいなら事業所も選ばなくてはいけません。リスクが高いものほどリターンも大きいというのが業界の常識になっていますが、担保がつかずに社名への信頼だけでつながる運営会社もあります。貸倒を防ぐために回収会社を雇用して借金返済をさせるというオーソドックスなものも健在です。

借り手のランク付けに対しても精度が同じではありませんから、自分でしっかり借り手を見極める目が必要にはなってきますが、小口投資で地道に投資をしてきた人も、そろそろリスクに関係なく高利回りに注目しての投資を試みてはいかがでしょうか。

利息を先に受け取れるメリットもあり

ソーシャルレンディングで成功したいのであれば、やはりしくみについて深く知っておく必要があります。ここで基本的な事についておさらいをしておきますが、まず種類が3つあって、日本で最も多く普及しているのは貸付あるいはファンド型と言われるものです。他にはマーケット型とオークション型とがあり、日本に最初に入って来た時はマーケット型とオークション型との2つしかありませんでしたが、性質上日本の貸金業法に払拭する側面があって思うようには普及しなかったのです。

そこで日本の気質にあうように改良された形が、現在爆発的人気を得て急速に国内で拡大していっている貸付あるいはファンド型です。一口に言うと利息から先に受け取れるしくみです。実は他のものもそうなのですが、最も顕著に出ているのが貸付・ファンド型なのです。借り手として応募してきた借り手は、自身の財務状況を含むすべての個人情報を運営会社に明け渡す事で、事業所経由でファンドとして投資家に推奨してもらえるのです。

投資先として選んでもらったら、希望額に満ちた時点で運用がスタートします。貸付利率が決定した上でその金利分から先に投資家へ分配されますから、案件によっては高金利での分配を得る事ができます。少なくとも銀行以上の金利での収益が得られますから預金するよりもぐんとお得に資産運用できますし、借り手にとっても自分の事業が少なくともソーシャルレンディング運営者に評価してもらい、融資対象にされた事によって通常ではなかなか集められなかった資金を集める事ができるのですから、これほどうれしい事はないでしょう。

▲ ページトップへ