ソーシャルレンディングは担保保証が付いているものを選ぼう
2017.04.19

おすすめのソーシャルレンディング

銀行や消費者金融に代わり、借りやすさ、および利回りの高さ、そして社会貢献という、3拍子そろった魅力を持つソーシャルレンディングが日本に上陸して以来、確実にユーザーが増えてきています。その秘密は、システムの巧みさにあります。匿名で投資ができる手軽さ、低額投資および分散投資が可能という安心感、直接交渉ではなく必ず運営会社が間に入ってくれるということも、これまでにない画期的なシステムです。

匿名は融資を受ける側にとっては安心ですが、投資する側にとっては不安材料になりやすいものです。しっかり身元調査を行い、信頼できる事業案件だけを厳選しているという点で、投資家の安全が守られてはいますが、それでも不安が0とは言えません。預貯金とはまた違い、元金保証も利回り保証も最初からされていないので注意が必要です。

ケースによっては元本割れをする可能性があります。どんなに安全な金融商品であってもリスクは必ずあるため、ソーシャルレンディングもリスクはあるものと思って挑戦してみる方が賢明です。ソーシャルレンディングはwin-winの精神で利用するのだと心得ておきましょう。今日本で最も普及している日本型クラウドファンディングという貸付タイプの場合、借り手から受けた返済額から必要最小の手数料を差し引いたうちの金利で分配されるので、ケースによっては期待以上の利回りでキャッシュバックされてくることも多いものです。

もし融資先が倒産など何らかの理由で返済が滞った場合、担保で戻ってくることもあります。その担保が何かにもよりますが、金利で受けられるとは限りません。それでも担保保証がされているというだけでも安心感が違ってくるので、なるべく担保付き案件を選ぶようにすることが安全に交渉を進めるコツです。

保証がないファンドへ投資する場合

ソーシャルレンディングを運営している会社は国内にたくさんありますが、どのようなコンセプトで運営されているかはそれぞれで違います。イギリスから日本に上陸してまもなく業界に参入したという会社で、今でも健在という所は決して多くはありませんが、その大半はマーケットタイプとなっており、同じような案件でも投資家によって金利が変動するように、投資家の判断で金利を決められるのも魅力です。

後から参入した会社の多くは日本式の貸付タイプなので、金利が安定しています。自社管理の下で借り手の厳選および出資管理もされているので、比較的気楽に誰でも取り組みやすいのが魅力です。ただしすべてのソーシャルレンディングが担保保証および元本保証されているわけではないので、注意が必要です。匿名登録であることと、借り手を厳選している点は共通していますが、案件を海外不動産や特定不動産、または商品に特化しているシステムになると、担保保証があるものとないものとがあります。そのため、対応方法として、分散投資という形をとることが最もおすすめです。

ソーシャルレンディングのメリットは最低1万円からの投資が可能であることです。また、仮に貸倒の案件や元本割れの出資が出たとしても、他の案件でカバーできる点もメリットと言えるでしょう。極力厳しく借り手の信用調査をしている会社を選ぶことも重要です。大損をしない一番の決め手は、その運営会社がどれだけ徹底して借り手をリサーチしているかによります。運営会社からの推奨は丸呑みせずに、必ずリスクは伴うと理解しておくことが大切です。経済は常に動いているので、今は良好でもこれから先どうなるかわからないのが現実であるということに留意しておきましょう。

担保保証以外で注目するものは

ソーシャルレンディングは投資家にも借り手にもメリットが大変多い金融サービスであり、特に初心者がまず取り組むのに最適です。まだ日本でスタートして歴史が浅いこともあり、元金割れなどの問題も起きていませんし、全体的に安定した運用がなされています。少しでも借り手を良い条件で呼び寄せるために、投資家ユーザーの募集も活発に行われています。

誰でも手軽に取り組みやすい根拠は、最低1万円から投資できるという点と、うまくいけば予想以上の高利回りでリターンを期待できる点です。しかしながら、ソーシャルレンディングで成功するためには借り手を見極める目も必要です。とはいえ匿名登録なので、肝心の個人情報を投資家自らが知ることは困難です。運営会社もしっかり厳選してくれてはいるものの、その精度も外からは見えません。

そこでなるべく担保付き案件を選ぶことがおすすめですが、保証なしという会社でも、万が一の時には回収担当者が借り手への返済の催促をするというところもあります。また、必要に応じて連帯保証人をつけての融資希望が出されることもあります。どのような形であろうとも、元割れはあるものと意識していた方が無難です。取引の大まかな所は専用コミュニティでも見られるので、多くの投資家を集めている案件に注目してみることも良質案件を見つけるのに役立ちます。

リスクが高いものはリターンも大きいということは他の金融サービスと一緒ですし、リスクが低いものほどリターンが小さいという現実もあります。最初から大物を狙うよりも、まずは小口投資から始めてみるというのも良い方法です。人気ランキングで常に上位に立つ事業所は、保証もしっかりしていることも多くなっています。

▲ ページトップへ