ソーシャルレンディングで失敗した人の特徴
2017.04.19

ソーシャルレンディングのリスク

投資がどれだけ流行りのものであっても必ずリスクはあるものですから、メリットと共にデメリットもあわせて総合的に見ていく事が重要である事はいうまでもありません。投資で失敗する人は比較ポイントがきちんと把握できていない可能性を考えられます。ソーシャルレンディングは、特になかなか融資を受けられない中小企業らに大歓迎されている金融商品ですし、少額からの投資も可能とあって個人投資家も含めて始める人が増えています。

しっかりと先々まで見通した安心のおける事業計画を掲げて匿名登録した法人であれば、少額の融資がいくつも集まってきます。うまくいけば、予想以上の資金を集められるかもしれません。中小企業にとってのメリットは投資家のデメリットである場合もあります。案件は中小企業がほとんどである事はもちろんですが、不動産事業もあれば海外債権者もいますし、それぞれが持ち寄りの担保や保証人をひっさげてきます。

日本では、一般的な投資ソーシャルレンディングが対象にしているのも事業性融資である場合も多く、ケースによっては高金利での融資を期待できる事もあるのですが、それに比べてマーケットタイプは利回りが流動的です。業者によってランク付けはされているのですが、融資希望者が提示した金額に満たない場合は、出資に待ったがかかる場合もありますし、ケースによっては利回りの見直しがされて想定していた金額以下の配分にされる事もあります。さすがに元本割れが無かったとしても、元本保証がされていないのが一般的ですから、業者選びを誤らない事も重要になってきます。
投資タイプの難点として、途中解約ができない点も注意しておく必要があります。その都度の売買をする他の金融商品と大きく違っている点です。ソーシャルレンディングは、投資家の方により重いリスクがかかってくるサービスであるとご承知おきください。

ソーシャルレンディングで失敗する人の例

ソーシャルレンディングの魅力は、なんといっても少額融資が可能である点や案件によっては高い利回りも期待できる点、および運用も1年から長くても3年以内という短期融資である場合が多いですから、リスクを最小限に抑える事ができます。何よりも社会貢献をしているという充実感を体験できるのは大変魅力的ですが、安心できる取引を期待したいならソーシャルレンディング運用会社を選ぶ事も重要です。

業界でも人気NO1を誇る業者を見ると、低金利が定番の案件の中でも14%越えの運用利回りで安定的にキャッシュバックを受ける事ができますし、投資も少額でOKというケースが多いです。当初では多かったオークションタイプやマーケットタイプに台頭する形でファンドタイプのソーシャルレンディングが主流となってきているだけに、対象としているのも事業案件であり、個人というよりは法人ですし、収益性や財務状況など審査が厳格に行われており安心して投資できます。

実は、運用会社の価値はこの点にあると言っても良いのです。匿名登録という閉鎖性は、プライバシーが守られる反面使い勝手の悪さも否定できないだけに、より精密に実態調査をするに越した事はありません。ソーシャルレンディングの特徴として、口座手数料や取引手数料が大変小さい事をあげられます。業者によっては無料というところもあります。ソーシャルレンディングは、日本の法律によって金銭の貸借の媒介を主な業として行うものに該当しますから、貸金業者すなわち消費者金融扱いとなる関係上、第2種金融商品取引業の登録が義務づけられているのです。利用する際にはこの点もしっかりと確認をしておく必要があります。

良質なソーシャルレンディング案件とは

銀行の金利はご周知の通りほとんど0以下でまったく当てにならない状態ですし、審査も厳しく融資を受けるのは難解です。かといって消費者金融を利用するのも後の事を考えると、躊躇してしまうという個人事業主や中小企業の強い味方として誕生したのが、ソーシャルレンディングです。出資をする方としてはなんでも良いというわけにはいかず、少なくとも元本割れだけは避けたいのが本音ですから、やはりある程度の選別は重要です。

実際にはどの業者も元本保証がされていませんから、貸し手にふりかかるリスクは予想以上に大きくなるのは必須です。現在どういった取引がなされていて、返済実績はどうなっているのかといった内部事情をホームページ上で公開しているサイトはいくつもあります。まだスタートしたばかりとはいえ、元本割れを起こしていない業者で実践している実際事例として、動産および不動産の担保を提示できる事業計画のみ対象とし、過去から現在までの財務状況など借り手の内部事情を正確に提出してもらう事に加えて、信用調査会社への問い合わせも完璧にこなしているケースがいくつもあります。

この審査の厳密度が業者の評価になる事はもちろんですし、お互いの信頼にもつながっていく大きな理由にもなっています。それでも不動産価値や株価はたえず変動していますから、今は安心でも将来的な保証まではどうなるかわかりません。だからこそ、確定的な担保は重要なわけですし、いくつもの投資家が集まっている案件は、それだけ投資家の信用を得ているという事ですから、予定以上に早く運用される期待が高まりますし、より高い金利での分配金も期待できるはずです。

▲ ページトップへ