ソーシャルレンディングのメリットとデメリットをおさらいしよう
2017.04.19

ソーシャルレンディングのメリット

ソーシャルレンディングのメリットやデメリットについて、おさらいをしてみましょう。FXや株式のように難しい勉強をしなくても誰でも手軽に始めることができるので、特に初心者におすすめです。ソーシャルレンディングを行う貸金業者が仲介役となっていますが、あくまでも実質的なやりとりは借り手と貸し手の間で行われるため、リスクをしっかり理解した上での取引が求められます。

従来の貸金業ビジネスと違うことは、すべてネット上における匿名取引である点です。これは借り手にとっても貸し手にとっても個人情報を公開しないで済むという点では利便性が高く、手軽に始められる由縁でもあります。もちろん借り手の経済状況や取引履歴などは信用調査会社経由で調べますし、貸し手も契約前書面記載の条件を確認および同意することが条件です。返済実績は業者ホームページでリアルに公開されているので、運営会社を選ぶ際に活用すると、信頼度を予測する手がかりになります。

小口での融資が可能という点は特に取り組みやすさがあります。銀行で貸し渋りを受けて困窮している中小企業にとっては、低い垣根で借りられる点は最大のメリットになりますが、投資家にとっても期待以上に高金利での分配金を得られるという点でお得感があります。もしも借り手の返済が滞った場合、取引はただちに停止・返還がされるという点は、投資家も借り手も共に注意が必要です。投資家はいつでも不測の事態が起こりうることを念頭においた上で、なるべくゆとり資金での投資が望ましいですし、借り手はしっかりと計画を立てて短期で運用できる算段を立ててから利用すべきです。通常は数ヶ月で運用が完了するシステムになっているので、投資家の損失拡大に歯止めをかけることができます。

投資家が実感できるソーシャルレンディングのメリット

マーケットタイプにせよファンドタイプにせよ、借り手の事業計画や返済能力などをきめ細かく調査してランク付けをしていくのは、仲介業者であるソーシャルレンディング業者です。投資家は業者から紹介された案件の中から、投資したいと思うものを選び投資することができます。借り手が破産、もしくは返済を怠らない限り契約は実行されますが、返済が滞った場合はただちに取引は停止され、投資家に運用される前にお金が返還されます。

この時利用手数料を差し引いた分と、金利に基づいた分配金が投資家の投資口座に振り込まれることになります。こうしたマッチングは業者で準備されたマイページなどで、非公開で行われます。名前も素性も知らない相手に投資をするというのは、考えようによってはかなり乱暴な運営にも思えますが、業者側が借り手を厳選してくれることと、必要に応じて取引を差し止めや融資額の返還を行っているという点では、安心感があります。

融資が短期になるか長期になるかは借り手のランクによっても違ってきますが、一般的には1年以内の運用になります。特にファンドソーシャルレンディングなら分散しての投資も可能であるため、万が一のトラブルを最小限に抑えることができますし、担保や保証人を借り手に準備してもらうことも可能です。業者によっては各種手数料を無料にしているので、他のファンドよりは取りかかりやすさがあります。社会貢献にもなっている気持ちよさを体験できることも、ソーシャルレンディングが選ばれる理由の1つです。ただし貸倒の危険は常につきまとうのだということは、念頭に置いておいた方が賢明です。

借り手が実感するソーシャルレンディングのメリット

ソーシャルレンディングという借り方は、これまで銀行の融資をなかなか受けることができなかった中小企業に一筋の希望の光を灯しました。銀行や信託系はご周知の通り、先頃の法改正では対象外とされた金融機関ですが、審査が厳しく、なかなか弱小企業では融資を受けることができません。かといって、消費者金融は高金利なのでなるべく使いたくないのが本音です。

ソーシャルレンディングは、一見相反すると思われる両者をつなぎ合わせるという新しい貸借システムですが、少しずつユーザーを拡大しています。匿名登録という特徴は、周囲に黙って融資を受けたいと思っている借り手にとっては都合が良い形ですし、審査さえ通れば期待以上の融資を受けることも可能です。こうしたやりとりは、業者ホームページのマイページ、あるいはコミュニティページで見ることができます。

借り手の個人情報や、過去の借り入れと返金実績をすべて業者へ告知しなければならないので、個人情報保護が気になるところです。どのようなファンドを扱っているかも問題です。そうした業者の選択は、実績があって評判の良い大手を選ぶ方が無難です。取引はすべてネットで行われる分、借り手にかかってくる手数料などの支払い責任というものはありませんが、確実に返済できることを証明できる資料を準備し、要請があればいつでも提示できるようにしておくことが重要です。

担保や保証人を要請されることもあるので、これも脳裏に入れておくべきです。マーケットタイプか投資タイプかでランク付けの方法が違ってきますが、少しでも高いランク付けをしてもらいたければ、過去の清算はしっかりやっておくことが大切です。

▲ ページトップへ