ソーシャルレンディングの借入金利が低い理由とは
2017.03.10

ソーシャルレンディングは高い金利で融資ができる

ソーシャルレンディングは今注目の投資方法で、一般的にはネット上でお金を貸したい人と、借りたい人について融資の仲介を行う事をさします。しかし、国内では運用会社が投資家から資金を集めて、融資を受けたいと希望する企業に対し融資を行い、配当・配分を行うというサービスが行われています。これは世界的に見て日本独自のものとされていますが、こうした方法になった背景には法律が深くかかわってきます。

この場合、企業に出資するという方法ではなく、運用会社へ投資家「レンダー」が投資し、集まった資金を「運用会社」が借り手「ボロワー」に貸し付けるという方法になるため、「出資ではない融資」という事になります。運用会社は仲介するのですが、ボロワーに融資するという事になるので、結果、日本の法律では貸金業としての登録が必要です。

更にレンダーは一人ではなく不特定多数から融資を募り、集まった資金をボロワーに貸し付けるという仲介を行うため、匿名組合出資契約を募集するという行動に当たり、この場合、第2種金融商品取引業登録も国内においては必要となるわけです。
個人が借り手にお金を貸すという行動は貸金に当たります。そのため、貸金業法に違反する事になります。この違反を防止するため、ソーシャルレンディングの運用会社があるのです。レンダーは運用会社と匿名組合契約を締結しますが、融資を受ける側、つまりボロワーはどの企業が出資しているか知らされませんし、レンダーはどの企業に投資した費用が貸し付けられたか知らされません。

こうした仕組みを作る事で結果的に、仲介業者を利用して貸し付けを行っているけれども、仲介業者が貸金業者としての登録を行っていることで、レンダーが違反する事もない、という状況にできるのです。ソーシャルレンディングは特徴として高利回り、つまり高い金利で融資ができるというメリットがあります。金利の高い融資を有効活用できるという事もあり、ソーシャルレンディングが人気、注目されるようになったのです。

貸金業との決定的な違い

資産運用を行う際、ソーシャルレンディングを検討される方は一つの貸し付けというよりも、複数の借り手に貸し付けする方が儲けもでると考えるのが通常です。投資を行うのですから、利益がより出る方を選択したい、これは当然の事でしょう。しかし、日本の場合は法律の壁があります。

先駆けとなったイギリスなどの場合、投資家が借り手に対しての貸付債権を持っているという仕組みです。この場合、投資家がお金を借り手に対し業務として貸し付けを行っているという方法になるので、日本でこれを行おうとなれば、法律によって貸金業の登録がどうしても必要となってしまいます。

貸金業というのは生業として借り手にお金を貸し付けるという方法ですが、日本の場合、仲介業者が一旦投資家からの投資を受け付け、その資金を仲介業者が借り手に貸し付ける、そのため仲介する業者としては貸金業の登録などが必要となるのです。

投資家が仲介業者へ投資、それを仲介業者が集めて借り手を募り貸し付けを行うのがソーシャルレンディング、お金を借りたい人へ直接お金を貸し付けるのが貸金業ということで、借り手がお金を借りるという意味では同じ事でも、その貸し付けるまでの行程に違いがあるという事です。

貸金業登録については法人の場合、貸付業務に3年以上従事した経験者が必要、純資産額が5000万円以上ある、営業所などを設置し固定電話を設けるなどの厳しい登録条件があります。これを投資家がクリアすることが難しいためソーシャルレンディングという方法を選択することが投資家としてはやりやすい運用となります。似ているようでその方法が全く違うということを理解しましょう。

ネットの利用でコストを削減しそれを還元できるというメリット

ソーシャルレンディングは投資家にとって高利回りとなるよい条件で運用でき、しかもインターネット上で気軽に運用できるという点も含めて注目され、日本市場も広がりを見せているところです。投資家にとって仲介業者を通じ、貸金業登録を行う必要もなく高利回りで貸し付けできるというのは魅力的です。また借り手についても、他の方法よりも低い金利で貸し付けてもらえるので、投資家、借り手それぞれがメリットのある方法といえます。

メリットを考えると審査基準が貸金業利用よりも低くなることもありますし、もう一つ大きなメリットがあります。インターネットを活用して事業を行うという事になりますので、営業所に多数の人を雇用する必要がなく、人件費に大きな違いが出ます。広告についてもテレビなどで行う事もなく、ネット上で広告を繰り広げていけばいいので必要なコストをかなり削減できるという利点もあります。

こうして人件費、広告費など通常かかるコストを削減し、その削減分を利用者に還元するという事が可能です。この還元が低金利の貸し付けです。借りる側としてはできる限り低金利で貸し付けてもらう方が返済も楽になります。金利が低ければ低いほど、返済についても楽になるため、この方法を利用したいという借り手も多くなっています。
借り手としては現在自分、また経営している企業の実情を聞いてもらい、その熱意が伝われば必要な費用を借り入れできるという事もあるので、書類や経済状態などの確固たる理由で断られることもある通常の債務より、低金利で自分が今抱えている問題について納得してもらい融資してもらえる可能性があるソーシャルレンディングに魅力を感じるのです。

▲ ページトップへ