ソーシャルレンディングは分散投資するべき
2017.03.10

ソーシャルレンディングの分散投資、しっかり理解しなければ!

ソーシャルレンディングのリスクの中で、投資先企業が破綻した場合、投資した資金、つまり元本は返済されない可能性があるというリスクがあります。国内ではこうした倒産によって元金が返済されないということは起きていないという事なのですが、こうした怖さがある、という事を理解してほしいという事で紹介されています。

もしもこうした事態が起こるとしたら、投資を考えている人にとっては大きなデメリットとなりますので、こうした事態を避けるためにも、ソーシャルレンディングでは分散投資が注目されているのです。

ソーシャルレンディングの中での分散投資は、投資先を一つに絞るのではなく複数に投資する事をいいます。投資先は破綻してしまうリスクを貸し倒れリスクともいいますが、投資先を複数に分けることでこの貸し倒れリスクによって全く元金が戻ってこないという状態を予防します。

単純な例として、例えばお友達に200万円を貸し付けた、でも相手の方が自己破産してしまったことで結果、貸した自分にはまったく戻ってこないという事になります。これがもし、50万円を4人に貸したという事で、一人が破産してしまっても、残りの3人からの返済があれば、200万のうち150万円は戻ってきます。

複数に投資先を分けることで貸し倒れによる損失を低くするというのが、分散投資です。国内ではなるべく様々なリスクから保護するという意味で、分散投資を行う業者が多いのです。ファンドの詳細を見てみるとこの分散が行われていることがよくわかりますが、通用、1つのファンドに対し2つ、3つの案件があり貸し付けされています。リスクを軽減しながら投資するという事は大きな損失を生まないために必要な知識、方法となりますので、しっかり覚えておくことが必要です。

分散投資の方法はいくつか存在する

分散投資の方法としてはいくつかの方法があります。一つはソーシャルレンディングのサービスの中で行う方法です。海外など様々な国への投資が出来る方法ですが、投資先の業務内容も様々なので利回りがいいからといって一番いい投資になるかといえばそうでもありません。

利回りが高いからこの商品を主軸に、という事ではなく、ある程度安定した利回りの商品へ複数投資するという方がリスクも少なく安全です。同じサービスの中でもどの商品ならある程度の利回りでリスクも少なく済むのか?という事をよく考える事も重要です。

ひとつのソーシャルレンディングではなく、他のサービスも利用してみるという方法です。運営する会社によって様々なタイプがあり、全く異なる分野への投資が可能という所も少なくありません。例えば不動産、株式特化型など異なる分野の商品に投資する事で、同じような分野で問題が発生しても、他の分野にも投資しているのでその分安心感が増します。
但しこのような分散の投資には、「情報収集が不可欠」です。

このようなサービスはいずれも情報がものをいうという部分が大きいのですが、商品数も業務形態も数多く、利回りなどを調べなければならないため時間もかかります。しかしこうした情報を掴むことや、サービス提供の会社について運用実績が高いかどうかなどもポイントとなるため、ある程度の労力や時間がかかる事も考慮しておくべきです。

リスクもそうですが、どのような注意点があるのかという事も理解し、情報収集に時間をかけるということが重要です。利回りだけに振り回されず、情報をしっかりつかみ慎重に選択することが大切です。

その他の投資と組み合わせてみるという方法

投資は株式や投資信託、債券等多数の種類があります。こうした他の投資とソーシャルレンディングへ分散して投資するという方法もあります。投資について様々な種類の特徴、リスクなどについて知識を持っていないと出来ないことなのですが、投資の各種類について知識を持っているという事なら、投資先をこうした別の投資に分散させるという事もリスクを減らす方法となるでしょう。

複数の投資先として株式がいいのか、投資信託がいいのか、ソーシャルレンディングと組み合わせて行う場合に何がいいかという事は考え方次第です。株式投資は利回りがいいという分リスクも高くなりますが、分散投資として選ぶ方も多いので、ある程度株式投資について勉強されてから組み合わせを考える方が安心です。

株式投資とは違い、途中解約できないという点や分配金の受け取り方に注意が必要なども含めて、株式とは異なる点が多いのでその違いをはっきり把握し、株式のリスクについても知識を持ち情報収集を怠りなくすることも必要です。こうした準備を重ねて出来るかぎりリスクを回避できるように商品を選びます。

ただいずれの投資、組み合わせについてもリスクが分散での投資で投資のリスクが全くなくなるという事はありません。ソーシャルレンディングの場合、手数料が必要ないという投資になりますので分散させても問題ありませんので、組み合わせ、方法をよく理解しどのような方法をとるのかじっくり考える方がリスク回避の確率が高くなりそうです。初めてという方でも低額投資してみて、慣れてきたらその他の投資と組み合わせる分散の投資を考慮してもいいのではないかと思います。

▲ ページトップへ