ソーシャルレンディング運用会社選びのコツ
2017.03.10

ソーシャルレンディングはリスク、また運用会社などがポイントとなる

以前は投資というと知識を持った人がやること、というイメージがありましたが、最近は投資も色々な種類が登場し、サラリーマンだとかOLさんなどの身近な方々がされているので、興味をもたれる方も多いでしょう。投資してそれがうまくいけば、働かずしてお金を儲けることができる、いわゆる「不労所得」を得ることができるのですから、身近な人がやって成功したなら自分だってやってみたいと思う方がいても当然です。ただ、非常に数が多いという事もあり、初心者にとっては「本当に儲かるのか?」「本当に不労所得が得られるのか?」と疑ってしまうのも無理はないでしょう。

こうした投資に興味を持っている方がもう一つ、注目していることがあります。ソーシャルレンディングです。ソーシャルレンディングはWeb上などでお金を投資される方、借りる方を見つけて個人同士の融資を締結させる仲介サービスを指します。最近はこうした業者も多くなっていますが、このソーシャルレンディングを利用する場合、さまざまな投資運用タイプが存在します。例えば不動産担保ローンファンド、代替エネルギー特化型ローンファンド等、その種類はいくつもあります。勿論投資という事になりますのでリスクもあります。これから投資を考えているという方は、どんな投資があるのか、また自分が投資を行う場合、その運用会社はどこがいいのか、などを理解しておくことが重要でしょう。

運用上のリスクなども十分考慮しておかないと大きな損失を出すこともありますので、国内外の様々な投資を理解し、リスクがなるべく少ないものに投資するという事を考えるべきです。まずはソーシャルレンディングの投資の種類とそのリスクとは何か頭に入れてから何を選ぶか決める事大切です。

様々な投資運用タイプを理解する

証券を担保とするソーシャルレンディングのタイプは、証券会社を利用する投資家が証券担保ローンを利用する事に対し出資します。この投資で集められたお金は証券会社が仲介し投資家が利用します。最大出資金額も大きいですが、期日までに返済できない場合、元本割れを起こす事も考えられます。

不動産担保の場合は、国内の不動産を対象とした担保ローンファンドで、投資家から費用を集めて不動産開発等、不動産に対する事業を行います。不動産物件には返済できない場合には物件を優先的に取り上げるという抵当権登記を行いますので、万が一貸し倒れとなった場合、優先的に弁済を受ける権利があります。不動産担保タイプのリスクは株式と同じで時事、経済状態によって相場が変動するという商品になりますので、もしも下落ということになれば損失金額が全額保証されない場合もあります。

代替エネルギータイプは再生可能エネルギー事業に対して出資するというもので、太陽光発電システムや風力発電などエネルギー事業に興味がある方は魅力ある投資になるのではないでしょうか。この再生可能エネルギー事業は国の再生可能エネルギー固定価格買取制度が後ろ盾のように存在しているため、安心度が高いと考える方も少なくありません。メガソーラー開発用地、開発権利など、主にエネルギーの開発事業について投資するというものなので、他の投資先よりも将来性があるという事、また地球環境の改善に貢献できるという魅力もあります。但し、この事業については固定価格買取制度が深く関係しているため、この制度の見直し、買取金額の値下げなどがあれば収支に影響がある事は間違いないでしょう。

投資リスクを考慮する事、運用会社を選ぶ目を養う事

投資という事についてあまり詳しくない状況、予算がある程度あるけれど、ソーシャルレンディングに興味を持っていて、できればうまく利用したいと思っているという場合、どのような案件がいいのか、リスクを極力少なくしていきたいので、国外の案件よりも国内の案件が安心、さらに担保なしという商品よりももちろん担保有というものが安心、そして、集中して投資する商品よりも分散投資できる方が安心、と考えることができます。国外への投資については、どうしても為替リスクがつきものとなります。

またその国の時事、政治状態なども問題が起きればリスクとなります。安全性重視、リスクが少ないように、という事なら国内商品の方が安心です。担保については、担保がある物件で損失となってしまった場合、補填できるという安心感があります。担保なしの物件は補填できるものがないので、損失という時にはリスクが非常に高くなると考えておくべきです。

では集中して同じ物への投資をするか、それとも様々な投資を行うか、集中か分散か?という事を考えれば、当然分散投資の方がリスクも少ないと考えられます。単発の案件に集中投資している時、もしも貸し倒れとなれば損失となりますが、分散投資を考えておけば損失額を限定し、なるべくリスクを少なく投資できるのです。こうした商品の紹介にしても、リスクについても運用会社がしっかりしていれば当然説明等してくれるはずですし、色々な情報をくれるでしょう。運用会社を選択する目を養うという事も大切な事です。

勿論今自分が余裕のある状態なのかどうかという事、また投資についてある程度勉強ができるかどうか、現在の環境によっても商品の選択は違ってきます。やみくもに噂に流されて投資してもそれはリスクを高めるだけです。まずはソーシャルレンディングのいい運用会社をみつけて、しっかりと勉強しながら投資していくべきでしょう。

▲ ページトップへ