ソーシャルレンディングで新たな社会貢献の取り組み
2017.03.10

AIの導入によるソーシャルレンディングについて

ソーシャルレンディングはアメリカなどの海外だけでなく、日本でも徐々に浸透している貸付型クラウドファンディングです。クラウドファンディングであるため、サイトを介して貸したい方と借りたい方をマッチングさせて貸したい方は利回りを、借りたい方は企業の運営などの運転資金、立ち上げ資金を得ることができるます。現在ではこのソーシャルレンディングにAIを導入する動きが加速しています。

AIとはArtificialIntelligenceの略称で主に日本で紹介する際には人工知能と呼ばれます。人工知能の研究は日本の様々な研究機関で行われており既に知っている方も少なくないでしょう。人工知能研究では主に人間のような知能を持つ機械を作るための研究、もしくは人間の手を使わなくても機械でできる機械が行うように取り組みを進める研究の二つがあります。現在では後者の研究が一般的に行われており、人工知能研究が更に加速すれば人間が今まで行わなければならなかったことを機械が代わりに行ってくれます。現在ではガソリンスタンドの給油システム、工場の誤作動を調査するシステム、一般向けには将棋ソフトなど様々な分野で積極的に取り入れられている技術です。

ソーシャルレンディングにおいてもAIの技術は使われいます。ではAIを導入すればソーシャルレンディングはどのように変化するのでしょうか。まず始めに審査時間の短縮です。住宅ローンや自動車ローンなどを通す時は審査が必要です。同様にソーシャルレンディングに関しても、貸して欲しい方に対して審査を行います。例えば貸手のリスクを減らすために普段どのような事業を行い、どのぐらいの利益を得ている会社なのか、またはプロジェクトの審査、プロジェクトの成功確率なども審査対象です。従来においてこれらの審査は人間の手で直接行わなければならいのが普通です。しかし、現代ではAI技術の進歩により、AIを導入すればこれらの審査をシステムが代わりに審査してくれます。

また、AIの導入は人的コスト削減に大きく貢献してくれるでしょう。人的コストは企業運営においても多くを占め、ソーシャルレンディングの運営を行っている企業の中には人件費の課題を抱えている経営者も多くいるはずです。しかしながら、AIの導入により今まで人間が行わなければならなかった業務を代行してくれるため、人件費のコストダウンも可能です。また、プロジェクトの達成率予測なども実現可能なため、AI技術はこれからのソーシャルレンディングに大きな影響を与えると行っても過言ではないでしょう。

企業向け以外に個人もソーシャルレンディングを利用できるメリット

ソーシャルレンディングという貸付型クラウドファンディングサービスは個人投資家や資金を集めたい企業に貢献するだけでなく、社会全体に貢献する社会貢献性が高いとされています。例えばソーシャルレンディングでは資金を集めることができます。当然この資金は私利私欲のために使われるのではなく、企業の事業運営のために使われるケースが普通です。事業には資金が必要です。企業であれば資金を担保に多くのお金を銀行から借りることは可能です。

一方で個人においてはどうでしょうか。個人の方でも今後自分が考える事業を展開したいと考えている方もいるでしょう。個人に対して銀行は収入に応じてお金を貸すことになります。このため、事業を運営するための資金を銀行から借りることができない個人も存在します。個人の方は自分の考えた事業をすることはできないのでしょうか。ソーシャルレンディングでは個人向けサービスを展開しているところがあります。銀行では貸付してくれない金額を投資という形で投資家から資金を援助してもらうことができ、個人の方でも事業ができるメリットがあります。

また、これは社会貢献にもなります。もし個人の方が始める事業が今後の日本には欠かすことができない事業やサービスに変化する可能性もあるからです。そのため、それぞれの分野で技術が発達し、世界の方がそのサービスを利用することによって人々の生活が豊かになり、社会貢献という役目も果たしてくれるでしょう。

投資家にはどのような魅力があるのか

借手には数多くの魅力があり、銀行から借りることができない資金を集められる、AI技術による審査によって借手は少ない手間で審査を利用できるなどです。借手にしか魅力はないのでしょうか。当然、貸手にも魅力があります。貸手は主に投資家です。投資家がソーシャルレンディングを利用すれば高利回りを得ることができます。高利回りであれば投資効率が上昇し、資産を増やすチャンスが訪れます。

さらに保証が付いているプロジェクトへ参加すれば投資に付き物と言われているリスクを軽減できます。これにより安心した投資を実現できます。投資額が少ない点も魅力となるでしょう。そのため、莫大な資金を持っていない個人でもソーシャルレンディングを利用できるのです。

▲ ページトップへ