ソーシャルレンディングが高利回りな理由と他の投資との比較
2017.03.10

ソーシャルレンディングの利回りと他の投資商材の利回りとの比較

ソーシャルレンディングは急成長を続けるサービスになります。通常はインターネットを介して、お金を借りたい人と貸したい方をマッチングさせることを目的としています。周知の通り、現在では日本だけでなく、イギリスや米国においても展開されており、今後も投資分野で成長が期待されています。ソーシャルレンディングが最大の特徴として挙げられるのが高利回りであるという点です。利回りとは投資をしてくれた方の見返りとして数パーセントのお金を還元することになります。ソーシャルレンディングにおいては利回りのパーセンテージが7パーセントからと高めに設定されているケースが多く、高利回りであると巷でも言われています。どれだけ高利回りであるかは他の投資商材と比較すれば早く理解できるでしょう。

例えば日本の投資商材として国債があります。国債に投資するということは国に投資をすることになります。投資先が国であるため、投資商材の中にでも比較的安全に投資をすることができるでしょう。日本の国債は他の国に比べて多いため、リスクが高いのでは、とは思われる方もいます。確かに記事やサイトによれば国債の多い国への投資は、国が財政破綻をすれば投資した元金が自分の手元に戻ってくる保証がないからです。

しかし、日本においては世界と比較しても有名な企業が数多く、さらに円という通過は世界的にも、安全であるとされています。それを象徴するようにアメリカで財政難の要素があれば投資家はドルを売り、円を買う動きは過去にも多く見られます。このようにリスクの低い国債ですが、その分利回りは低く、0パーセントから2パーセントになっています。そのため、投資商材として国債は多くの利回りを期待することが難しいでしょう。圧倒的にソーシャルレンディングと比較しても低い利回りになっています。

その他の投資商材として挙げられるのが株式投資になります。株式投資は東証一部もしくは東証マザーズなどに上場している企業が株を日本または海外に発行して投資を促すことになります。現在ではネット証券なども登場しているため、従来よりも証券会社の口座が持ちやすくなっています。株にも利回りがあります。それは配当利回りと呼ばれるものになります。配当利回りは年に二回支給する企業が多くなっています。株と聞くとリスクが高い、借金を作りやすいと思われている方も多く、ギャンブルとして認識されている方も少なくありません。

確かに平日乱高下を繰り返す銘柄もあります。特に東証マザーズなどの新興株に関しては安定していない企業が多く、株価が激しく動くところもあります。しかし、短期で利益を上げられる点や信用取引をせずに現物取引であれば借金を作ることは少ないでしょう。高利回りの銘柄も存在します。銘柄によっても異なりますが、銘柄の中には6パーセントを超えるものもあります。しかしこの数字は銘柄の中でも利回りが高いところになります。それと比較をしても、ソーシャルレンディングの利回りは7パーセント以上であるケースが多くなっているため、高利回りであることが理解できるのではないでしょうか。

何故ソーシャルレンディングは高利回りなのか

利回りと連動するのものとして挙げられるのがリスクになります。確かに投資にはリスクは付き物になるでしょう。例えば株式投資においては好材料のニュースなどが報道されれば株価は上昇します。また、東証一部上場の企業であれば日経平均株価と連動して上昇することもあるでしょう。当然、上昇し続ける銘柄は少なく、下落する銘柄も当然存在します。株式投資において株価の下落はリスクの一つして挙げることができるでしょう。倒産リスクなども当然存在します。

一方でソーシャルレンディングのリスクには貸倒しリスクが存在します。原則として元本は株式と同様に保証されないため、投資先の企業が倒産などをしてしまえば当然元本は自分の手元の戻ってくることはありません。しかし、現在ではリスクを減らす動きがあり、案件の中には不動産に担保を付けてリスクを少なくしているところもあります。投資にはリスクが付き物のため、事前にリスクを把握してから行動しましょう。

高利回りの他にメリットはあるのか

ソーシャルレンディングには高利回り以外にもどのようなメリットがあるのでしょうか。例えば少額投資をすることができる点です。通常株式投資の場合、ミニ株などでは一株からでも購入できますが、通常取引であれば100株からまたは1000株から株を購入することになります。

例えば株価が1000円の銘柄であれば、100株から購入できる場合、10万円の資金が必要になります。一方でソーシャルレンディングであれば案件によっても異なりますが、1万円からの投資なども可能なものがあるので、少ない金額で投資することが可能です。また、案件によっては毎月配当金をもらえます。
株式投資は基本的に年に二回になりますが、ソーシャルレンディングでは毎月もらえるため、お金を働かし利益を得ることが可能です。しかし、メリットだけでなく、リスクもあるため、リスクを把握してから投資商材を購入するようにしましょう。

▲ ページトップへ