ソーシャルレンディングで得た配当金には確定申告が必要!
2017.03.10

確定申告が必要な場合の手順

投資と税金は切っても切れない関係にあり、投資によって大きな利益を得ることができたという方は、その金額に応じて指定された税率に基づいた税金を支払わなければなりません。もちろんソーシャルレンディングについても例外ではなく、出した利益に応じて一定額の税金を支払う必要がありますが、他の投資と同じく、確定申告を行うことで税金の一部が返還される場合があります。納税の義務を果たすのはもちろん、利益を少しでも増やすためにも、事前にどんな手続きを行うのか確認しておきましょう。

ソーシャルレンディングの場合でも、確定申告の流れは他の投資と殆ど変わりません。源泉徴収票などの必要な書類を集めて、国税庁のwebサイトなどで印刷することができる各種申込書類に必要事項を記入して税務署に提出すれば、記入漏れなどがなければ受領されるでしょう。投資に利用している金融会社によっては、スタッフがどのような手順で手続きを行えばよいのか教えてくれるところもあるので、気になる方は前もって確認しておいたほうが良いかもしれません。

確定申告は雑所得によって得た利益が20万円以下の方が行うと、源泉徴収額として差し引かれた金額の一部が戻ってきます。ソーシャルレンディングは小額からでも投資を行うことが出来るため、他の投資を行っていないと、余計に税金を支払ってしまうことが大変多く、長期にわたって投資を行っていると、想像以上の額が余計な税金として徴収されることとなります。手続きに必要な手間はかかりますし、税理士などを介して行っているという方もいますが、投資を行ううえでは必須の手続きともいえるので、初めて投資を行ったという方はもちろん、今までは専門家に任せきりだったという方も、一度は経験しておいて損はありません。

確定申告にはどういう準備が必要か

ソーシャルレンディングによる投資は、小額からでも融資を行うことが出来、後は専門家に任せることが出来るので、あまり投資の経験がないという方でも始めやすいといわれています。投資によって得られる収入は、雑所得として処理されるため、年間で20万円以上の利益を出した場合、所得税の納税義務が発生するので、確定申告を行う必要が出てきますが、この際どのような準備が必要となるのでしょうか。

確定申告の経験がないという方は、まず必要な情報を集めておきましょう。まず申込期限をチェックして、時間に余裕を持った上で作業できるように早めに準備しておくと、初めてでも安心して作業を進めることが出来るでしょう。更に自分が住んでいる地域を管理している税務署を調べて、必要書類の提出先をしっかり把握してください。手続きの際は収入を得るために出た経費を把握するために、領収書や明細書、源泉徴収票などが必要となりますが、ソーシャルレンディングの場合も、勉強に使った書籍やセミナー費用などが、軽費として認められることになることがあるので、念のために必要経費になりそうな領収書などは残しておくようにしましょう。

手続きに必要な書類などを一通り用意すれば、後は手続きを本格的に進めるだけですが、実際にやってみると何を書いたらよいのか分かりにくかったり、必要なものを忘れていることも多いので、不安なことがあれば税務署や税理士に相談するようにしましょう。長期にわたってソーシャルレンディングによる投資を検討している方は、これからのためにも基本的な知識をしっかり身につけましょう。

注意すべきポイントは?

投資によって多くの利益を得た場合、その分の税金を支払う必要が出てきます。最近はソーシャルレンディングを行う方が増えてきており、多くの方が利益を上げていますが、その際得た利益は雑所得として処理されることとなるので、年間で20万円以上の利益が出ていた場合、確定申告を行う必要が出てきます。基本的な手続きに変化はありませんが、いくつか注意しておくべきポイントがあるので、申し込みを行う前に問題が無いか確認しておきましょう。

まずソーシャルレンディングを行っている方の多くは、商品を提供している金融会社などが、源泉徴収を既に行っています。そのため所得額によっては本来支払うべきはずの税金以上に源泉徴収で税金が取られている可能性があるので、確定申告を行い、差額を還付金として受け取るようにしましょう。受け取れる還付金の金額ですが、本業の給与と分配金をプラスした金額が、年間195万円以下の場合、約5パーセントの還付金が戻ってくる計算になるといわれているので、前もってどれだけの利益が出そうかチェックするようにしてください。

ソーシャルレンディングに関する確定申告では、必要経費がどれだけかかったかについても、念のために調べておいたほうが良いでしょう。勉強のためにセミナーなどに通ったり、書籍を購入した場合、その分の金額が軽費として処理される可能性があるので、レシートや領収書などはなるべく保存して置くようにしてください。時には受理されないこともありますが、その出費が投資を行ううえでどのように役立ったかを証明できるように、常に記録をとっておくようにすると、より信憑性が増して経費として通りやすくなるといわれています。

▲ ページトップへ